楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか

  • 2010-09-18 (土) 0:09

最近、自社サービスでEコマース(特に大型の小売EC)向けSEOサービスを販売開始したためか、結構このような質問を受けたり、或いは「楽天ショップサイトでSEO対策をしたい」という問合せを受けたりしたので(今週に入ってから3回ほど)、タイムリーな記事として書いておきます。(さっき同じ内容ツイートしたのですがその拡張版です。)

しかし、どう考えてもあれだけのトラフィックを集めていて、誰もが知っていて、インデックス数900万とかのWEBサイトが、SEOに特化していないとはいえ評価されないわけはないのです。実際に検索結果とを見ても、確かに色んなビッグワードでも楽天がYahoo!で上位表示されています。

(と思ったら、以前ほどではなくなった気がします。気のせいかな?)

(クリックすると拡大して見られます)
「バッグ」のYahoo!検索結果

では何故一般的に楽天サイトがSEOに不向きかと言われれば、まず何よりも、前回の「SEO目的でサブドメインを増やすのは有効か」という記事にも出てくる「ドメイン制限」による影響が大きいです。

検索結果を上からずーっとなぞってみても、同一のドメインのページは一つの検索キーワードに対して最大2つまでしか出てきません。このドメイン制限によって、「通常10個の枠があるように見える上位表示枠(今のところ)ですが、楽天での上位表示となれば、ドメイン内2つに選ばれなければそもそも順位以前に検索結果にすら現れない」ということになってしまいます。これが最も大きな要因です。

その他の要因については詳細は割愛しますが、まず内部対策が全く以てやりづらい(というかほとんどできない)点、楽天検索を意識すれば非常に長くSEOに不向きな商品ページタイトルになってしまう点、商品ページのURL階層が無駄に深くなってしまう構造上の問題、などキリが無いほど色々あるとは思いますが(僕は楽天は専門外なのでこの辺にしておきます)、何よりもドメイン制限はSEOやる上では相当に痛々しい話だと思います。

もちろんTOPに限らず、各商品ページについても同じことが言えます。これがまた痛々しい。

「今」の話をしますが、1000商品のECサイトであれば、1商品ページにつきYahoo! / Google合わせれば単純計算で20の上位表示枠がありますので、全商品では20000枠があるわけです(便宜上、検索ワードを商品名に限定した時)。これが楽天であれば、同一の条件で、Yahoo!Google合わせて4000枠しかないわけです。しかもそれも楽天というドメインのSEO評価にも依存しているので、仮に2枠に選ばれたとしても上位にいけるかどうかは分かりません。

確率論の話をしても5分の1。だから向いてない。というのは少し安直ですが、しかし自社サイトを同様の商品点数で持っているのであれば、よっぽどの事情がないかぎりSEOは自社サイトで行い、楽天ショップは楽天内検索での引っかかりを向上させる施策を行う方がよっぽど生産的だと思います。

これは、サブディレクトリ型の無料ブログのアメーバブログなんかでも同じことが言えます。ameblo.jpドメインの配下に全てのブログが置かれるので、同一テーマでブログを書いているユーザーが2名以上いれば、あとはその中でのドメイン内競争が起こります。ブログで検索エンジン流入を稼ぐ際に、記事毎にテールワードで拾えないというのは致命的ですね。

その代わりにアメブロさんではアメブロ内でのコミュニティがあったりと、SEOに特に固執する必要がないようになっています。何よりブログであれば新規の集客力もそうですが、コンテンツが面白ければ読者は自然についてくるものですからね(自分への戒めも含め、です)。

結論をまとめると、楽天ショップでSEOで順位向上のために手間や費用をかけるのは、

努力の割にそんなに報われないことが多い

ということだと思っています。楽天は楽天、自社サイトは自社サイトでそれぞれ売上や利益の上げ方があるはずです。
アメブロも同じで、検索エンジンに不向きだからといってブログとしてダメなことには決してならないです。

目的や用途に応じて色々使い分けると良いでしょう。


“楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか” への4件のフィードバック

  1. […] その記事とは「楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか」というものです。 […]

  2. […] その記事とは「楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか」というものです。 […]

  3. […] 楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか すばらしい考察です。ショッピングモールと自社ECの両立を目指す方に。 […]

  4. […] 楽天ショップサイトやアメブロはSEO対策に不向きなのか すばらしい考察です。ショッピングモールと自社ECの両立を目指す方に。 […]

コメントを残す