「ナイルはSEOは縮小してメディア事業にシフトするらしい」的な噂があるらしいけど、そんなことナイル

  • 2015-10-02 (金) 14:48

9月15日にナイルに社名が変わりました。もともとヴォラーレという会社でした。今後ともよろしくお願いいたします。

ナイル株式会社:http://nyle.co.jp/

さて、表題の件ですが最近は海外展開とかもあって企業広報を完全にメディア事業側に寄せていて、更にSEOとかをやってるコンサル事業側で僕がメインで運営してたブログはあんま更新されないわ事業部長の肩書を持つ自分がSEOについてあんま何も言わなくなってるわで、客観的に確かにそう見えるよなぁとも思いつつ、しかしそれを他社の営業トークとかで都合いいように使われてるのも少し鬱陶しいなとは感じています。

結論としてはそんなことないです。

手を抜いてるとすればSEOに関するブログの更新だけです。これは確実に手を抜いていると言わざるを得ません。なぜ手を抜いてるかというとメインの更新を担っていた僕が大変だからもう書きたくないと今年に入り言い続けてきたという理由にほかならず、これからは頑張ってメンバーにちょいちょい更新してもらおうと思います。

※まぁ実際あれ企業としてちゃんと書こうとすると色々気を遣うので大変なんですけどねぇ。毎日書いてる会社とかよくやるなぁと思います(内容とかは置いといて

うちの実情としては、今時点で100人を超える従業員がいるので別に1つの事業にだけ絞ってほかはやれないみたいな感じになる規模ではないです。組織上の役割も違いますし両事業でシナジーもありますので両方やってます。コンサル事業も人増えて今現在40名以上の体制で頑張っておりますしおかげさまで業績は売上利益ともに右肩上がりです。

当事業の強みは人に関わる部分です。顧客開拓・維持や組織運営については経験者がリードし、(少なくとも業界水準を考えれば)圧倒的に高い学習能力を持つ新卒層がインターン期間中からベテランのサポートをしながら経験を積み短期間で基礎を押さえ育っていく、みたいなサイクルがここ数年けっこううまく回っています。

またそれ以上にメンバーの離職の少なさが結果的に大きな強みになっているなぁと思います(ことSEOみたいなレアな世界ならなおさら)。離職の少なさと会社の良さは関係ないと思っていますが、こういう領域の知識商売をしている事業にとっては確実にプラスになる話ではないかなと。

※この、人数を少しずつ拡大して、質を下げずむしろ上げていけるように、教育者と被教育者の割合が大きく崩れないように…みたいなバランスは結構むずかしくて、もんじゃ焼きの土手つくって出汁いれてある程度かたまったら混ぜて土手にして、、のタイミングが崩れると土手が固まってなくて決壊するとか焼きすぎてへんなとこ焦げる、みたいなのと同じくらいさじ加減がむずかしいと思います

つまり、まぁ良い感じにやってますので引き続き皆様からのお仕事のご発注、あるいは優秀なプレイヤーの他社さまからのご転職をお待ちしております。

→SEOとかコンテンツ周りのサイト
SEO HACKS:http://www.seohacks.net/

→分析とか解析とかのサイト
UIDEAL:http://uideal.net/

→採用ページ
中途採用:http://recruit.nyle.co.jp/intermediate/webc01/

※ちなみに海外展開ふくむメディア事業の拡張に伴い、この夏から僕自身もメディア事業のほうに結構軸足をおいてたりするのですが、2014年以降いわゆる管理監督がメイン業務で事実上は人寄せパンダみたいな存在でしたので、大差ない話とお考えいただいて問題ありません。僕の関わりが薄くなって調子落とそうものならやっぱ俺がいないとお前らダメだなとかも言えたんですが割と右肩で伸びているのが実情です

※余談ですが10月24日のCSS Niteというイベントにパネルディスカッションで登壇します。来る方は当日よろしくおねがいします。周りの人がすごい人が多いのですが何かしら会場に生きた痕跡を残せるように頑張りますので万が一だだ滑りしたら拍手などお願い致します。
詳細:http://cssnite.jp/inhouseseomeetup/tokyo2015/


コメントを残す